男性と女性の体臭の違い

男性と女性、それぞれが放つ体臭には違いがあります。
それぞれどのような特徴があり、どのような違いがあるのか知っておくと効率的に対策を進めることができるでしょう。
やみくもにいろんな対策をするのではなく、体臭についての知識や情報を把握することが大事です。
知識を頭の中に入れておくと自分の体臭に合った効果的な対策が見つかります。

皮脂の量が違う

男性と女性の主な違いとしては、「皮脂量」が1番に挙げられます。
汗と一緒に皮膚から出てくる脂は体臭を悪化させる要因のひとつです。
皮脂量が多ければ多いほど菌も繁殖しやすくなり、強烈な臭いを発することになります。
よく、脂肪が多い肥満体型の人が汗をかきやすく、汗臭いと認識されているのは、皮脂量が多いからなのです。
特に、男性は皮脂の量が女性よりも多い傾向があります。
体臭に悩んでいる人は男性の方が多いというイメージがありますよね。
女性は体臭よりもどちらかというと口臭の方が気になる…という人が多いですが、男性は体臭が問題になっています。
皮脂の量が違う男性と女性の体臭はそれぞれ対策方法も異なるのです。

危機感が薄い男性

女性は臭いに敏感になっていますが、男性は体臭を発していても女性より危機感はもっていません。
体臭に対する意識が女性と男性では大きく違うのです。
男性でもバスや電車といった公共交通機関を使って仕事に行くでしょう。
満員の場合、体臭がひどいと周りの人に迷惑をかけてしまいます。
人が密集しているオフィスでも同じです。
自分は問題がなくても周りの人に迷惑をかけているということをしっかり認識しなくてはいけません。
体臭は遺伝関係もありますが、基本的に体質を改善することができれば臭いは収まりますし、改善することができます。
まずは、自分の生活習慣を見返して基礎代謝をアップしていきましょう。
基礎代謝が上がれば、皮脂の量もそこまで増えずコントロールすることができます。
さらに体の調子も良くなるので老廃物や毒素を溜まりにくくしてくれるのです。